人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

自分を少しずつ変えるボールペン

ブログ
follow us in feedly

一日ひとつ自分で何かを変えてみる。
チャレンジをする。

そうやって気付くと大きく変わっている。


僕はよく身辺の物を少し変える習慣がある。

その最たるものが筆記用具で
ボールペンは常に5本くらい違う種類のものを持っていて
数週間に一回くらい
文房具店に立ち寄って新しいものを買う。


そうすると
将来の自分に投資をするという感覚になるし

周りが変わる
ということをあまり怖がらない
むしろ歓迎するようになると思っている。

って信じてやっている節もある。



いつだったか

ノマドワーカーとして有名な安藤美冬さんが

「毎日ひとつずつ何かを変えることができれば
それが積もり積もって大きな変化になる」

ということを言っていた。

まだ会社に勤めていてぺーぺーだった時代に
今日は新しいボールペンを買おう。
という風に自分ができそうなことから

今日は新しい○○をしよう
と少しずつチャレンジを増やしていった結果

チャレンジすることが前より怖くなくなったそうな。


前回のブログで
「インプットを増やすことでアウトプットする喜びが増す」
と紹介したけれど

新しいことにチャレンジすると言うことは
新しい世界や見方に触れるという意味では
「インプットを増やすこと」
にあたるのだと思う。


そうして
更なるチャレンジというアウトプットを呼ぶのだろう。




PS

安藤さんじゃないけど

僕も最近新しいボールペンを買ってみた。

Cocoonというボールペンなのだけど
高さとか関係なく
重心がとっても気に入ったので
すごく重宝している。


イチローのバットは
イチローがバットを握った瞬間に
「これしかない」
と思ったものらしい。

しかもそのバットは
それまでの野球界では
あまりよろしくない作り
とされていた重心のバットだったそうだが

なぜそのバットにしたのか
と聞かれてイチロー
「握った瞬間に気に入っちゃったから。理屈じゃない」
ていう旨の発言をしていた。


やっぱり自分の体に近いものほど
感性に素直になって
時間とお金を丁寧にかけていきたいなぁ

って僕は思った次第です。