人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

頼られる人の法則

簡単ファシリ講座
follow us in feedly

$人生かっぽ



あの人の周りにはいつも人が集まるのに
どうして私には近づいてくれないんだろう…。

相談して欲しい人に全然相談されない…。


先の記事では相手に親しみを「持つ」ことを考えましたが
では相手に親しみを「持ってもらう」
つまり頼りにしてもらうにはどうしたらいいのでしょうか?




10秒ポイント
笑顔でいること
そして話を最後まで聞くこと

これを心がけましょう。




かつて僕も話しかけづらい人なんて言われたもんです。
怖いとか。
最初はそれがかっこいいと思っていたんですよね。
怖いとか言われることが勲章の時代でした。


しかし、それでは他の人が相談しづらかったり提案しづらかったりと、結局マイナスです。
「あの…」と
話しかけやすい人とそうではない人をよーく思い返して見て下さい。


話しかけづらい人っていつもしかめっ面じゃないですか?
なおかつ
話すと、すぐに話に割り込んで来る。


これは
記事「モテない男の会話術〜女子の本音〜」での
モアイ像タイプ、政治家タイプでありがちです。


しかめっ面をしていると相手は「今忙しいのかな?」と余計なことを考えます。


なんだ、笑顔くらいで
と思うかもしれませんが
大事なことは
自分が相手の話を聴いているというかどうかを判断するのは
自分ではなく相手だということです。


笑顔ということについては
誰のために笑うのか
でも書きました。

そこでは「自分のために」という色が強かったのですが
バスの運転手さんから伝染したように相手にも伝わるものなのです。




また、最後まで話をさえぎらないことも大事です。
相手の話の途中で自分の意見を大量に返されると、話す前に自分の話をまとめようとして結局話すのが嫌になります。


笑顔で
そして
相手の話をウエルカム精神で聴けば
相手は他の人に話さないこともどんどん話します。




そういう人は
困ったらこの人!
と思われ
悩み解決
ひいてはやる気を生み出し
結果を出すことへと導いてやることができるのです。


この記事を面白いと思った方へのオススメ記事

モテない男の会話術〜女子の本音〜
誰のために笑うのか
嫌いな人、克服する方法

【告知】

いよいよ明日5月24日より毎週木曜日19:00〜21:00
4週連続大地のコミュニケーション能力セミナー
「周りをグッと惹きつけて離さないコツ」
開催します!


雑談する力
相手の考えを引き出す力
相手からやる気を引き出す力
任せる力

なんかについて話そうと思います。

まだ申し込み間に合います!
詳しくは以前の記事にて