人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

嫌いな人、克服する方法

簡単ファシリ講座
follow us in feedly

人生かっぽ



あなたは近寄りがたい人、いませんか?
逆に、近寄りがたい人そう思われていませんか?。





先日、「偏愛マップ」という書籍を読みました。


この本、どういう内容か簡単に言うと
偏愛マップと言う
自分の好きなものをどんどんと描いて
一枚の紙にまとめたものを
他人と見せ合うことで相手の人間性の深い所を知ることができるっていうものでした。

描き方の形式はどうでも良くって
あとで人に見せるので
ある程度は他の人から見てどんなことが描いているのかが分かることが必要ですが
それ以外は新聞みたいにしても、マインドマップみたいにしてもどうでも良いんですね。

偏愛マップの書き方についてはこちらの記事も参考になるかと


期待される効果として書かれていたのは
相手と自分の偏愛マップを見比べて似たような点があることを自覚することで
相手に対して親近感を持つってこと。
それによって苦手だなあって思っていた人間と
仲良くもなれるということです。

「へぇ、課長って浜崎あゆみが好きだったんっすねぇ」
みたいに。
「若い世代に実は通じている課長」と知ることで
いきなり自分たち若い世代に親近感を感じたりもします。




この偏愛マップの仕組みは
コミュニケーションの方法で重要な部分をうまーく突いた方法だと思っています。

相手と親近感を感じるときに何が大事かと言うと
相手との共通点を持つと言うことです。

「好みが同じ」と言うことは「自分と同じ方向を向いている」ってことになり
相手との壁を取っ払うには持って来いの方法です。

この方法は紛争解決のファシリテーターも使っていて
人質をとったテロリストに
自分もテロリストも「平和を願う」「同じ父親である」という共通点を示し
緊張関係のある相手に交渉に応じてもらったケースもあります。


いつも周りにたくさんの人がいる人はそれが本当に上手いです。
相手との共通点を見つけて、そこからつながっている。


さて
あなたはチームや家族などのメンバーの好きなとこ、どれくらい知っていますか?


この記事が面白いと思った方はこの記事もオススメです
佐藤ノート№5〜「信心」と「信頼」〜


【告知】

いよいよ明日5月24日より毎週木曜日19:00〜21:00
大地のコミュニケーション能力セミナー
「周りをグッと惹きつけて離さないコツ」
開催します!


雑談する力
相手の考えを引き出す力
相手からやる気を引き出す力
任せる力

なんかについて話そうと思います。

まだ申し込み間に合います!
詳しくは以前の記事にて