人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

佐藤ノート№45 〜あとがき〜

佐藤ノート
follow us in feedly


佐藤ノートをお読みいただいてありがとうございました。
佐藤ノートはこの№45をもって終了とさせていただきます。


さて、この佐藤ノートは、そもそも自分の体験談が受験生の支えになるかもしれないと思い、発刊させていただきました。

自分自身、現役、一浪、二浪と三年間受験で苦しんできた中で、得るものが多かったのですが、正直自分一人で考えてきたからこそここまで時間がかかったのだと思います。

だから、相談相手がいたらよかったのかな、と思ったのです。
それも押しつけすぎない相談相手が。

そこで、僕は相談相手になりました。

少しでも受験時代に悩んだ先輩として

君一人ではなく、僕も悩んだんだ。
君の悩みは小さいことなんかじゃない。
それをしっかり見つめれば、きっと大きな一歩になる。

そう言ってあげられる相談相手になりたいと思いました。


しかし、一方で、自分一人で考えてきたからこそ、他の人よりも深く考えることができたのだという自負もあります。
自分一人で考えてきた過程というのは、自信になるばかりでなく、自分との付き合い方を知っていく上でとても大事なことです。

考える練習というのは日頃から鍛錬しておかなくては、いざという時に筋の通ったことができなくなります。
ぶれにぶれて、他人を右往左往させるだけでなく、自分すら混乱してしまう結果になります。
だから、自分で気付いたこと、悟ったことを、極力押しつけない形にしました。


結局自分の中の答えは自分一人でしか探せないのです。
他人の意見は、納得はするし、大事な判断材料になることでしょう。
でも、決めるのは自分です。決定するのは自分。

それは誰だって苦しいのです。
決定っていうのは、自分があれもいいな、これもいいな、と賛否両論の意見のどこかの部分を、一つに決めることで切り捨てることとも言えるからです。
決定したことで失敗すれば誰かから責めを負うかもしれません。
大事な何かを失うかもしれません。
それはとても怖いことです。

でも、だからこそ自分の色を出して行けるのです。
良かれ悪かれ、自分が決定した瞬間に、目の前には他の誰でもない自分の道が開けるでしょう。
何かを失うのは当たり前です。
全て網羅してやろうなんて気でいたら、自分の人生いくらあっても足りませんから。

何を捨てるかさえ、自分の人生の色です。

佐藤ノートがいつでも佐藤の答えしか出さなかったのはそのせいです。
佐藤の場合における答えをみんなに出したり、こうやったらいいんじゃないかと提案したりはしましたが、あなたの答えはこうですよとは出していません。

その代わり、過程はたくさん出しました。
実は世の中にある情報では、あまり過程というのは見られません。
こういう風に考えるといいよ、とは言ってもなぜそこに至ったのか、そこが納得できない情報が多い。

やってもやっても失敗ばかりしている自分は間抜けなんだと思わせられてしまいます。
結局成功論でしかないのです。
だから、失敗して失敗して失敗してわずかに掴んだ成功を、佐藤ノートには載せていこうと決めました。


さて、佐藤ノートはここで終わりなのですが、どうか、このノートをこれからの人生の随所で見ていただけると幸いです。
きっと時間が経てば、見え方が変わってきます。
佐藤ノートを通じて、過去の自分と話をしてみてください。

今、自分はこう考えるよ、と。


最後に、このノートを見て下さった皆さんのこれからの人生に、実りある失敗が多いことを願い、結びの言葉とします。
2011.4.4. 佐藤

このエントリーをはてなブックマークに追加