人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

学生の名刺事情を圧倒的に楽に!Evernoteが名刺機能をパワーアップ

follow us in feedly

年度も新たに、名刺をたくさんもらったり渡す季節ですね。

学生と言えども
ボランティアとか学生団体をやったりとかしたり
学生起業している人は名刺を大量にもらいますよね。

かく言う僕も学生ですが色んな方面でお仕事させていただいているので
名刺を年間に大量にもらいます。

けど、もらった名刺結構整理する時間確保するの面倒ですね。
かと言ってずっと持っておくわけにも行かず。


そんなときに
Evernoteアプリの名刺カメラがものっっっっすごい便利です。
今回アップデートされて何ともかゆいところをかいてもらってる気分です。
名刺画像を撮るときの時間が少なくとも1.5倍は早くなるのではないかと思います。

社会人は情報漏れとかで何かと管理する方法が限られていたりすることもありますが
学生は結構自分が使いやすい機器を使いやすい。
ということで、Evernoteで名刺管理がしやすいと思います。

今回はEvernoteの名刺機能で名刺管理がどう便利になるのかを紹介します。


今回のアップデート

何が変わったか?

ずばりEvernote名刺カメラが勝手に名刺を探して撮影するという点です。


今回のアップデートがなぜすごい?


今回のアップデートはすっごいありがたいのが
スマホタブレットを持つ手が楽ってことです。

皆さん、名刺をスマホタブレットで撮影する際の手を想像してください。

片手でスマホを持って片手でシャッターボタン押しません?
タブレットなら両手でタブレット持ってシャッター側に近い手の親指でシャッターボタン押しません?

ド下手クソな絵をお楽しみください。

これで大量の名刺を撮影するときどうしますか?
いちいちそれらの機器を置いて
名刺を次のに取り替えて
また機器を持ってピント合わせて撮影
面倒くさくないですか?やりたくないですよ。

けど、今回のアップデートは名刺を勝手に探してピンと合わせて撮ってくれます。
撮影したら機器を持ちながらもう一方の片手で次の名刺を準備すれば良いわけです。

これ、小さいようでものすごくかゆいところに手が届いています。

さっそく試してみます。

読み取り画面はこんな感じ。

上の「名刺を探しています」という文字に注目です。
勝手に名刺らしきものをゾウさんが探してくれるわけですね。
おせっかいさんですね。


そして、名刺を見つけたようです。

見つけると勝手に枠を納めて撮影してくれます。

枠が白から緑色に変わったら、カメラを動かさないでください。
名刺の画像がぶれてしまいます。


読み取るとこんな感じ

きちんと名刺の内容も文字認識します。
そして連絡先に追加してくれるんですね。

僕はデメリットもふまえこう使う

僕は、読み取りの内容の完璧さを今のところEvernoteには求めていません
Evernoteさんならいつか完璧に読みとれるようになると信じていますが
読み取れないから使えない、しょっぱいというわけではありません。
要はそういうもんだと思って付き合い方を考えれば良いわけです。

と、いうことで
僕なりの解決の仕方は
とにかくバンバン名刺は撮って行き、撮影します。
一通り撮影し終わったら画像と比較して文字を修正すれば良いと思います。

ただ、連絡先として保存しなくても良いのであれば
画像が鮮明なので、連絡先をいちいち修正する必要もないと思います。
気が向いたときに修正すれば良いと思います。


名刺機能はプレミアムが便利

この名刺カメラ機能は無料会員は月量指定10枚です。
プレミアムだと上限無しです。

名刺をそんなに大量にもらわない人はこれでプレミアムにする必要はありません。
普通のカメラが鮮明なので十分だと思います。

ただ
名刺をたくさんもらってその整理なんかに困っているのであれば
今回のように自動撮影や文字認識は使い方次第であなたを楽にしてくれると思います。

名刺は大切な財産です。ぜひ。

プレミアムについてはこちら↓
Evernote プレミアムにアップグレード | Evernote