人生かっぽ

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

目標達成

目標達成する人は「目標の割り算」ができると知った

Evernoteに書き連ねたやりたいことばかりがたまる。 「こんなことやりたい」 「あんなことやりたい」ただ、それだけが募っていく。積もり積もって、妄想の宝箱になっていた。そのまま妄想であればそれはそれでいい。けど、書き出したときを思い返せば、あの…

やりたいことを邪魔するもの。そんなのは算数と同じ考え方をすればいい

2年前の日記が出てきたんですよ。そしたら、こんなこと書いてて やりたいことはたくさんある。 けど、いろんなことが邪魔にもなってくる。うまくいかない現実も出てくる。つまらないことも出てくる。 ただ、これって数学の条件式じゃん。 楽しまないと。 「…

「やっぱ好きじゃなかったかも」が口癖の僕とあなたは、きっと好かれてる自分が好きなだけ

「あの好きな人とどうなったの?」 と聞くと、「あの人はね、あんま好きじゃなかった」と言う。そういう人とよく話す。 なんとなく、自分を好きそうな人ばかりと付き合う。そういうのを目の前にすると、かつてかけられた言葉を思い出すわけで。 Takoyaki / G…

「私の決意や行動が友達に気に入られていない」と彼女は悩んでいた

「自分がやりたいことで人にイヤな顔で見られたり迷惑かけるのがイヤなんですよね」 彼女は言った。 自分が新しく始めたことが、それまで関係があった人たちみんなに受け入れられるとは限らない。 「へえ」というふうに聞き流されることもあれば 「え」と不…

「やりたいって自分で言ったのにできないなら、もう何にもやらせない」彼女の母親が言った。「ちょっと待って欲しい」僕は思った

「あなたがやりたいと言ったのよ できないなら、もう何にもやらせないよ!」 お母さんが、結構な大きさの声で娘さんを怒っている。ファストフードチェーン店でのこと、 聞けば、習い事を自分でやると言ったのにも関わらず、うまく宿題がこなせないようなので…

実は不幸を呼んでいた。「ポジティブ空回り病」に僕はかかっていました

ポジティブになろう! とかいう言葉がそこかしこに蔓延しておりまして、 ぼくもかつてその言葉に毒されておりましたが、 実はこれ、本当は危険なんです。大いなる勘違いをしていました。 全部ポジティブにしてりゃ良いと思っていたんです。 本当は ポジティ…

本当に? 彼女に対して「やりたいことがあるから」時間取ってあげられないの?

「二人で食べようね」って言ってたシュークリーム2つだけが、彼女がいなくなった部屋の冷蔵庫に残っていた。 という話を聞いて、小説みたいだなと思う。 けど現実のこと。だからこそ「切ない」を通り越して残酷。 「夢のせいにしてたから。全部。けど違うん…

何も手につかない。スランプありつつ210日ブログを続ける僕の「低空飛行術」まとめ

何も手に付かん。 そんなこともありましたが ぼくはここで210日毎日このブログを続けることができました。 アクセスもおかげさまで一ヶ月で30万アクセス近くにいきます。 もともと逃避グセがあるんですけどぼく。そういう人生26年間も経て、ぼくなりに続ける…

「変わってるね」と言われて喜ぶな。孫正義のある言葉から学んだ「変わってると言われて喜んでるだけはバカだ」ってこと

変人扱いされると喜んでいました。変だね 人と違うね。と。けどそんな自分がバカだったと 孫正義のある動画を見て気付きました。Juicing / bertholf

サボり症な僕が学生しながら190日以上ブログを毎日「続けている」11のコツ まとめ

おかげさまで佐藤大地もブログを半年以上毎日書き続けることができました。 大学院生として大学に行きながら、卒論を書きながら、といういわゆる「二足のわらじ」状態です。 しかし、ぼくもブログを書き始めて何回かトライして、やっと今の毎日続けるペース…

なぜ「上手だね」と褒められると僕はすごいショックを受けるのか

「文章上手だね」「話し方上手だね」 って言われると、ありがたい反面、 ぼくはとてもショックです。 なぜかと言うと それは感動させることができなかったから。JOH_5442 / star5112

ビビった話。優秀コンサル「マッキンゼー」が体得することを僕らは自動車学校で体得してる

なんでもっと早くやっておかなかったんだいつも気づいたらとき遅し。やるとなったら行動は早いのだけど あわてだすまでが遅い。 適切なタイミングで適切な準備ができていない。そんなぼくに、 優秀コンサルの考えが身にしみたわけなんですが、 実はこの考え…

立てた決意や目標を忘れて当然。だから「毎日見る」

1年の最初に「やるぞ!」と立ち上がった自分。 あのとき悔しくて「やるぞ!」と決意した自分。 いまはもう思い出せない自分がいて、ゲンナリする。 自分は意外と昨日の自分の決意を忘れている。 ぼくは受験期の苦しさを乗り切らせてくれた、 あるメールの存…

学生の一番大きな宿題は「どうやってノートを使い続けられるか」考えることだ《後編》

以下の文章は、2014年12/12に全国ICT推進協議会で、 佐藤大地がプレゼンした内容を加筆修正したものです。 スライドが白だったので、ブログデザイン上、色が同化して見づらくなって申し訳ないです。 「これからの大学生とノート」についてプレゼンしてきまし…

学生の一番大きな宿題は「どうやってノートを使い続けられるか」考えることだ《前編》

以下の文章は、2014年12/12に全国ICT推進協議会で、 佐藤大地がプレゼンした内容を加筆修正したものです。 スライドが白だったので、ブログデザイン上、色が同化して見づらくなって申し訳ないです。 「これからの大学生とノート」についてプレゼンしてきまし…

なぜ、ミスしても「今後は気をつけます」しか言わない人は信用できないのか

やばい、やってしまった。 仕事相手に提出する書類にミスがありました。だから言いました。 「今度から気をつけます」 Project detail: Document design / Design Feast ぼくはよく忘れ物をしたり、寝坊をしたり、ケアレスミスをします。 失敗をしてしまった…

甘えてた「いつかは結果出るよ ずっと頑張ってれば」って

「あきらめなければ夢は叶うよ!」 という言葉は日本で生きていればどこかで聞く。 ぼくもその言葉を信じて生きてきたし、受験期まではどちらかと言うとその言葉に毒されていました。 「あきらめなければ夢は叶う」 その言葉に毒されて、いつまでも頑張れる…

なぜうまくいかないときほど新しくノートを買わないほうが良いのか

「おまえまた彼女変えたのかよ」 そんな具合にぼくはよくノートや参考書を変える人でした。 二浪目まで、ぼくはこれが 「変化を楽しむ人間だから」 くらいの前向きさで考えていました。 けど、ちがいました。 だから受からなかったと言っても過言ではないん…

天才? そんなのは凡人が努力しないことを正当化したいための発明品でしかない

「あいつは天才だしな」「すごいなあ」 こう言った瞬間、負けが決まる。 天才、才能がある、センスがある、バケモノ、宇宙人 ぼくはよく使っていました。 こういった言葉は 自分たちよりもはるかにレベルが上の人たちに向けて、よく使う言葉ですが ぼくはこ…

結果が出ないときこそ、ごちゃごちゃ学ぶな、身体を使え

物事がうまくいかないときって、インプットばかりのときだと思うんです。本読んだり、記事調べたり、講演なんかで人の話聞いたり それで満足している。身体をつかっていない。 書法習字廢紙 / XXC

なぜミスや失敗を「青」ペン修正することで成績が上がるのか

あーまたミスってる。失敗した。 間違いを消す。消しゴム。 間違いは消すべきもの。 けど、二浪して成績が急上昇したあの年、それを変えました。 間違いは青ペンで直すように。 そして今 「青ペン」は失敗を前向きに考え 成功に導くために大事なこと。Whole …

評価されないのは、才能がないせいなの?

このような記事を書いてすいません……。これはブログ記事です - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ これはブログ記事です - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ けど、こういうイタズラのような、実験のようなことしたくなったのは理由がありまして。

周りのデキる人につられてブレる人へ贈る。予備校講師のある言葉

「受験は木にぶら下がり続けることが大事だ。 無理に登ろうと思うから落ちる」二浪の春、壇上の彼が言った言葉は ぼくにとって大きな出会いでした。Tree / 木(き) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)それはぼくが二浪したときに 予備校の講師が言ってくれた言葉。 …

時間がないと言う者たちへ。合コンで尻ポケットにノート入れて笑われる覚悟を持て

「どうやったらアイディアって出るんでしょう」 有り難いことに そんな相談してもらえることが ままあるんですね。 「ん? アイディアを出す時間を取れば良いだけだよ」 と返すんですが 「ん〜あんま時間取れないんですよね」 とか返されてしまう。 さらには…

ヘタクソが痛みを知るとウマくなる

劣等生よこれが勉強だ。東大主席・財務省・弁護士の彼女が現実を教えてくれる

久しぶりに読んで素晴らしいと思いました、この本。東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法作者: 山口真由出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2014/07/02メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る天才とは努力を続けられる…

「筋子」と「節子」を間違えた母に教わった挑戦と失敗から学ぶ4つのコツ

ある日台所の上には母が残した書き置きがあった…… ん? おにぎりの中に「節子(せつこ)」…… 「筋子(すじこ)」ではなく……?

ブログ30日続けるネタ集めと時間作りで大事なことまとめ 大学院生でもブログは続くよ

ついに30日継続できました! ちなみにこれを書いている時点(2014年9月7日現在)で 継続日数は40日です。 「どうやって続けるの?」 という質問もけっこういただくので 続ける上で大事なことをまとめます。 暇人だったのかと聞かれれば、 僕から見ればそうで…

あるアルバイトの提案が否定されたときに上司がかけた一言が、彼の提案力を上げた

さあるとき、会社の中で「こうやって改善したい」と思うことを提案したら 自分の熱意とは裏腹に否定されて、元気なくなってしまったぼく。 ですが、上司のある一言が、その後のぼくの見方を180度変えてくれたのです。 Mopman Plans / CEThompson

飲み会やバイトばかりの人はくだらないと思ってた 「レベル低い人」とは付き合うべき?

「バイトばっかりやってもったいない。不毛〜」とか 「なんでこう普通の大学生はこんなやる気ないの?」とか 「飲み会ばっか馬鹿みたいにしてそれでいいのかよ」とかFruits for sale in Malabo, Equatorial Guinea / Embassy of Equatorial Guinea学部生のこ…