人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

恋人との「別れ」と「後悔」と「未練」を2年間書き続けてきた僕なりのまとめ

別れの季節ですね。 ブログを読んでいて、うちの恋愛記事人気テーマのひとつとして「別れ」があります。 ぼくは約2年間、たくさんの方々の別れについて聴いて、考え、話してきました。 そこで今までの「別れ」についての記事をピックアップしつつ、今までい…

別れたのは「ひとりで生きていけそうだもん」と君が言ったから

もう結局どうしていいのかわからない。 といった感じだった。 「恋愛に答えがない、ということだけは分かった」 という彼の言葉が、悟ったようにも、悲しんでるようにも聞こえる。 だって一人で生きていけそうだもん。 別れようと切り出されたその日、「どう…

春になったら別れようと思うの。区切りをつけて

「どうするの? それで」という言葉が聞こえてくる。仙台市の国分町前の横断歩道。 信号で待っていると、これから飲みに行くらしいちょっと会社帰りのややフォーマルな格好をした女性が2人で話をしている。 「うーん、別れる。まあ、前々から考えてて、こう…

「別れても応援してる」って言われた

別れても応援してるって言葉、あれひどくね?という話になった。 ああ、そうだな、そう言えば思い返せばそんなことをよく言われてフラれてたっけな。なんて思いだす。

別れるときにこぼれた本音。彼氏「かっこいい自分しかみせていなかった」

「別れよう」と切り出されてから、タクシーに乗り込むまでの恋人ではない数時間、今までには聞けなかった、話せなかった、いろいろな話をした。 別れる瞬間、お互いの答え合わせがやっと始まる。 それで悲しいかな、その瞬間いちばんお互いが分かり合えた気…

別れる理由を「こうなる運命だったんだ」なんて言う人たち

「結局こうなる運命だったのかなあ」 とその人は、別れそうな自分を嘆く。 「いっつもこうなんですよ。 いっつもこういうふうになって結局ダメになる」 また別の人はこうも嘆く。 「ああ、もう恋愛したくない」 そういうシチュエーションによく遭遇する。 自…

未練に見切りをつけて別れられない人の考え方

たとえば、映画に行く。 見始めて10分たったときに、気づく。「これあんまり面白くない」 けどこの映画のチケットには1,800円払った。どうしよう。 たとえば、好きな人と別れる。 付き合い始めて、1年経って、気づく。 「この人、心地よくない」 けどいろん…

彼女が7年間付き合った彼氏と別れると決意したのは、朝食がおいしかったから【いつかティファニーで朝食を】

7年間付き合った彼氏と、彼女は別れることに決める。 それは朝食がおいしかったから。

半同棲生活に終わりを告げた部屋にて。僕らはその部屋にどれくらいで慣れるんだろう

広くなった部屋を見ながら、ぼくら3人が宅飲みをしていたときのこと。 「広くなったねー」 と言ったのは彼女自身。 ついこの前まで元カレが半同棲生活をしていた。 鶏肉団子入りちゃんこ鍋 / naotakem

なぜ片付け下手は自分の未来を決められないのか

片付け、引っ越し、整理整頓、別れ、離れ、さよなら の時期です。ぼくも6年間(学部、大学院通じて)いた大学を離れることになりました。 いま、研究デスクやロッカーの片付けの真っ最中です。 6年間使ってきたレジュメやら冊子、雑誌、テキスト、ノート、そ…

失った最愛の人へ。彼女が毎年チョコレートを買うことで伝えること

バレンタインデー前に母からチョコレートをもらった。 母がもらってきたものをぼくがもらうという。 そのチョコが、いつもとはちょっとだけ違って。 ぼくは一人の人を愛すってどういうことなのかなって考えさせられました。

自分なりの失恋を見つけたい人に聞いてほしい /indigo la End『幸せが溢れたら』

indigo la Endの1stフルアルバム『幸せが溢れたら』幸せが溢れたら(初回限定盤)アーティスト: indigo la End出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン発売日: 2015/02/04メディア: CDこの商品を含むブログ (2件) を見るこのアルバムの曲たちは失恋を…

別れた彼女は先輩後輩の関係がイヤだったと言う

「もうしばらく、先輩後輩の恋愛はしたくない」と彼女。憧れたはずの先輩としての彼の姿が、高く冷たく目の前に現れる悲しさ。 「恋人との出会いが職場」が約24%以上*1の今だから、無視できない話。 Strawberry Cheese Cake / Ruocaled *1:マイナビニュース…

遠くのあの人より そばにいる人を好きになってしまう原因は「悩みが出やすい」から

例えば自分の前に2人の異性がいたとして。 めちゃくちゃ好きだけど、たまに用事を作って会う人。 そんなに好きでもないけど、毎日会ってる人。どっちのほうが好きになるか?近くの人になってしまうのは、悩みを自然と出してしまうからだと、思うのです。2012…

彼女はイブに彼氏を手放した。「恋人」でも「友達」でもないカタチにして

おいおい、クリスマスイブにそりゃないだろうよ。 カフェで近くの席から聞こえてきたその言葉だけは、 無我夢中で論文を書くぼくの耳にもはっきり届いて、手が止まる。 「別れたい」 カフェでそばに座っていたカップル 女性がそんな言葉を切り出したのはさっ…

「最近同じ人としか話していない」と思ったら読む本

もうずいぶんしばらく前になるのだけど、夏場にあまり人と会って話ができていないときがあって。 そういうときに、ふと手に取った小説「阪急電車」を読みました。阪急電車 (幻冬舎文庫)作者: 有川浩出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010/08/05メディア: 文庫…

別れを引きずりダメになる彼女。救ったのはバイトの先輩がかけてくれた一言

フラれたショックから彼女は立ち上がれないでいた。 休みたい。ちょっと自分を休ませよう。 4ヶ月と、ちょっと。 付き合った時間こそ短い。 けど、彼女が想っていた時間は彼のそれよりずっと長かった。 2年近い片想い。 それがやっと実った恋だった。 それ…

また付き合ったカレは、元のカレじゃなかった

「別れて戻るまでの時間はたった1年と半年。数字だけで言えば。 彼は彼で色んな人と色んな時間を過ごしてきていて 私も付き合っていた人は何人かいました」 「それで、彼の過去が気になっちゃったわけですよね」 ぼくが聞く。 「ダメだったんです。もともと…

ヨリを戻しても彼女らがダメになったワケ

「ヨリ戻したんだけど、結局は、またダメだったんですよね」 とその女性が切り出す。Pasta with tomatoes / Luca Nebuloni ヨリを戻したことは彼女から聞いていた。[ヨリを戻す] 一度別れた二人がまた一緒になること。[糸をヨル] 2つの糸をねじり合わせて、…

彼女は昔の恋にすがりたいだけだった。結局

四年の恋愛というのは大きい。 ああ、と彼女は思う。 ノートの間に挟まっていた映画の半券がふと落ちてきたから。 一体にして、どっからどこまでが自分のものか相手がくれたものか分からない。 別れてしばらく経つのに、気を抜くと昔の彼氏の面影がひょっこ…

自分をふった男に復讐して彼女が気づいたこと

「絶対に忘れられないようにしてやる」 と彼女は思った。 「ごめん、他に好きな子ができたんだ」 と彼は平然と言ってのけたから。 その子どんな子? わたしのほうが考えてるよ? もう一回考えなおさない? 泣きすがることもできた。 けど、彼女はそうはしな…

ケンカなんて一度もしたことない二人が別れた

「ケンカしないんだよね、おれたち」 と言っていた二人が別れた。 おしどりカップルなんて呼ばれていた。あんな風になれたらなと言われていた。 突然のことだった。 最後も、ケンカはしなかった。 けど、彼女は彼に思っていることを全て伝えた。 彼はそのと…

運命の出会いなんて、ねえんだよバーカ

本気で好きだから付き合い始めたのか? という質問に答えるなら、それは違う、というしかない。「運命の人」 そこまで言うと大それたことかもしれないけど 出会うなら、そういう人と、と彼が思っていたのも確か。Project 365 - Day 124 TOMATOES, OVER 30,00…

タバコを吸う女性と、できる一枚の壁

タバコを吸う女性と、壁を一枚作ってしまう。 苦手なわけじゃない。壁一枚、だ。 久しぶりにタバコを吸った。 相変わらず味だとかどうだとかいうことは、知らない。

なぜ別れようとする人に、ぼくは「一度アルバム見返して」と提案するのか

「別れようと思う」 ちょっと考えていることがあるんで、相談のってもらってもいい? 深刻そうな文面をして呼び出しをうけるときは、 フタを開けるとだいたいそんな言葉で始まる。 そういうとき、何とも言えない気持ちを抱えながらぼくは必ず提案します。 「…

彼女が2年間付き合った彼氏と別れたのは “察してくれない”からだった

「最近もう本当に寂しかったし、イライラしたし 求めてることが何にも返ってこなかったんだよね」Cafeteria Staff / Aranami2年付き合ってきた彼氏と別れたらしい。 おいおい。マジですか、と。 あんなに仲良かったじゃん。

別れぎわ、これが一番卑怯で一番やさしい女性の言葉

「大丈夫ですよ、わたしなんかより、 きっといい彼女が見つかります」 そう言って出て行く。 主人公 八日堂(ようかどう)は 出て行く栖佑(せいゆう)を引き止められず 閉まったドアを悲しさで叩き続ける。 『嘘つきパラドクス』という作品を先日観ました。…