人生かっぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

「社会を変える仕事をしたい」そう思ったとき僕が出会った一冊【おすすめKindle本 セール】

いま、本当は何をしたいのか。 稼ぐだけで本当にいいのかと悩んでいる人へ。この本はきっと勇気をくれる

「意識高い系」であることを恥ずかしがっている方々へ

ぼくには、はじめて会った人に「大地さんは意識が高い学生ってので有名でしたよ」と言われてむっとした経験がある。 その意味は、かなりネガティブっていうよりも、どこか指をさして笑うような感覚に似ている。 ぼくも大学生の頃はよく言われたし、じぶんの…

「あなたは分かってない」という言葉がどれだけ凶器になるか。Facebookトリコロールキャンペーンに思うこと

「お前はあいつの気持ちが分かっていない」ということが、 どれだけ凶器になるか。 いつだったか。「わたしは東北の人の気持ちが分かってあげられていないから」 と言われて。 だから、表立ってなにも言える立場じゃないけど、話は聞きたいのよ、と。東日本…

「食っていく」ということが、農業に挑戦してちょっと分かった気がした

田んぼに入る。 秋のちょっとだけひんやりした風が作業でほてった体には涼しい。 雨の影響ですこしぬかるんだ田んぼを踏む。 日差しがどこまで明るくて、空が青く、青い。 農業を営んできました。じぶんが働くということについて、そして生活するということ…

「セックスボランティアしたい」恋人がそう言ってきたらどうするだろう

6「どうして性欲に対してボランティアをする必要があるんだよ」 この本に最初に出会ったとき、そう思いながら手に取りました。 『セックスボランティア』セックスボランティア (新潮文庫)作者: 河合香織出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/10/30メディア:…

正直「あの日を忘れるな」の「あの日」を共感なんてできない。けど、それでもいい。

「あの日」をぼくらは共感しあえない。 「あ、あのときは入試前で、こっちいなかったんです」 「テレビで見てました」 と後輩に言われると、あーそうなんだ、とため息が出る。黙祷をよびかける放送が各所で流れる。 道端で立ち止まり黙祷を捧げる人がいる。 …

雪の國と震災のまちと、あのときの言葉と

雪の國(くに)の朝は、雪かきから始まる。 雪をかきながら、あのときの言葉を思い返している。 「家を手伝えない人間が、他人を手伝えるか」

人見知りによるウジウジ20年間を脱却できたのは「キャラ」を持てたから

親が心配するほどの人見知りでした。 様々なイベントの場に出た時の懇親会などでは どれだけ相手と短い時間で深い話をすることができるかが 次へのチャンスにつながります。 けど話しかけられない。 会話のキャッチボールをする自信がない。 人見知りを脱却…

飲み会やバイトばかりの人はくだらないと思ってた 「レベル低い人」とは付き合うべき?

「バイトばっかりやってもったいない。不毛〜」とか 「なんでこう普通の大学生はこんなやる気ないの?」とか 「飲み会ばっか馬鹿みたいにしてそれでいいのかよ」とかFruits for sale in Malabo, Equatorial Guinea / Embassy of Equatorial Guinea学部生のこ…

全国のセブンイレブンでも広島土砂災害の募金開始 他、広島土砂災害のボランティア情報

セブンイレブンでは、広島土砂災害の店舗レジ前での募金を開始しました。 期間は8/21〜9/7まで

誰からも指名来ないけど氷水をかぶった。その理由

ALSアイスバケツチャレンジがものすごい勢いで 8月18日から26日(AM)までに日本ALS協会に1550万円の寄付があったそうです。 日本ALS協会 - 「ALSアイス・バケツ・チャレンジ」ご寄付のお礼と報告より ということです。 で、ぼくは今回、思うとこ…